シェフの哲学

イタリア愛に満ちた食への情熱、技、仕掛け。伝統を再構築した美しき料理、熱い想いをお皿に込める。

奥深い料理の世界を常に探求する彼の姿勢には自身のこれからに対する強い決意が現れている。
食材や生産者に礼を尽くし、真心込めてその味をゲストに伝えるのが役目だと彼は話す。
舌鼓する感激を想像しながら丁寧に仕上げます。

手掛けるのは、遠藤泰一。
BIFFI TEATRO 6代目シェフ。

時期モノの素材を使用。
シェフの心を込めた一皿。

素材は、鮎。

パスタで使用する。
季節、時期、夏、素材力、情熱。

クリエイティブなチカラ。
トラディショナルなチカラ。